小さなアマチュア無線局のブログ

無線をメインに お酒 博物館 外遊び

京都、青もみじを楽しんできました

京都まで青もみじを見に行ってきました。

場所は、東山の 南禅寺

ここに、一度行ってみたかった塔頭寺院金地院 」があるのです。

金地院崇伝のお寺

金地院崇伝 は、徳川家康のもとで「 黒衣の宰相 」の異名を取った臨済宗のお坊さん。

家康の求めに応じ、外交から江戸幕府の法律の立案や宗教統制まで一手に担い、辣腕を振るったと言われています。そして、大坂城攻撃の端緒となった京都方広寺大仏殿の鐘銘問題も崇伝の考えによるのだそうです。

その 金地院崇伝 が住職を務めていたお寺さんです。

私がお寺にいた間、一緒になった拝観者は10人もいなかったと思います。

静かで、緑が綺麗で、とってもいい感じ。よかったなあ。

カメラの上手な方ならどのように撮られるのでしょうね。

下の写真は「 東照宮

家康が遺言に残した廟所は、久能山 日光、そしてここ 金地院 だそうです。

この東照宮には、家康の遺髪と念持仏が納められているとのこと。

天井には 狩野探幽 の鳴龍が、欄間には 土佐光起 三十六歌仙の額縁がありました。

このあと庭園の方に下っていくと、「 開山堂 」があります。

その中には下のように金地院崇伝の像が祀られていました。

最後に、方丈前に広がる「 鶴亀の庭 」です。

この「鶴亀の庭」は、金地院崇伝が徳川家光のために、小堀遠州 に作らせた 蓬莱式枯山水庭園 なんだそうです。

方丈の縁側に座ってみると、中央に中国の神山「蓬莱山」、右側に「鶴島」左側に「亀島」(下の写真)が配してあるんだとか。

枯山水の深い知識は全く持ち合わせていないので、説明書きを読んで「ふ~ん」ぐらいしか分からない私だけど、庭をひとり占めして贅沢な時間を過ごすことができました。

 

青もみじの南禅寺

南禅寺 は、鎌倉時代に開かれた臨済宗南禅寺派の総本山です。

足利義満によって、京都五山および鎌倉五山の上に置かれる「五山之上」とされた格式ある大きなお寺さんです。

一般人には、すぐ北の 永観堂 とともに紅葉の見事なお寺として有名ですね。

上の写真は、南禅寺三門 です。

歌舞伎の世界では、大泥棒・石川五右衛門が、この三門の上から満開の桜を見て「 絶景かな 絶景かな 」と言うことになっているそうな。

これは、南禅寺境内の奥まったところにある琵琶湖疏水が流れる「 水路閣 」ですね。

この水路閣の奥に塔頭寺院南禅院 」があります。

今回は入らなかったけど、ここの庭園も素晴らしいですよ。

 

お昼ごはんはお決まりの蕎麦

地下鉄に乗って烏丸五条まで戻る。「 蕎麦の実 よしむら

親子丼とそばの実サラダが付いた ざる蕎麦 。 実に美味かった!

夏日(27℃)だったので、渇いた喉にビールの旨いこと! 旨いこと!

行列ができるのが分かる。また食べたいと思う蕎麦ですね。本店は嵐山です。

 

東本願寺経由で「 龍谷ミュージアム 」へ

東本願寺 」は、浄土真宗真宗大谷派 」の本山です。

御影堂門 の向こうに 京都タワー が見えるように、京都駅に近いところにあります。

下の大きな建物が「 御影堂 」で、宗祖・親鸞聖人の御真影(ごしんねい)が安置されており、ご本尊の阿弥陀如来さんは左隣の「 阿弥陀堂 」にいらっしゃいます。

 

堀川通りを挟んで 西本願寺 と向かい合う場所に「 龍谷ミュージアム 」はあります。

大学博物館ではありますが、仏教総合博物館として一般向けの展覧会もよく開催されています。大きくはありませんが、興味のある人ばかりが来ている感じで、いつも静かにじっくりと観ることができる博物館です。

今回は、春季特別展「 ブッダのお弟子さん 」です。

ブッダを支え最も活躍した 十大弟子 や、涅槃時に後を任された 十六羅漢 に焦点が当てられています。

 

今回の京都歩きは、15063歩でした。

4月の時より人は少なかったですね。

6月は、苔の美しいお寺さんに行こうかと思っています。

ファミマ・アプリ で ビール をもらった!

スマホにコンビニ「 ファミリーマート 」のアプリを入れています。

最近、立て続けに 無料クーポン が届いたので、下の2本を貰いました。

5/8に「 サントリー 翠 ジンソーダ(500ml)」 261円

5/21に「 アサヒ 生ビール 黒生(350ml)」 219円

20~50円引きのクーポンはよく届いているけど、全くの無料というのは珍しいですね。

まあ、これ1本だけ無料で貰うのも恥ずかしいので、今日は次の2本も買いました。

左は、「 サッポロ ビアサプライズ 至福のキレ

サッポロビールが、5/3からファミリーマートで数量限定で販売しているもの。

これは、コラボレーションブランド「ビアサプライズシリーズ」の第10弾とのこと。

右は、サントリービールの「 東京クラフト〈I.P.A.〉

4月26日からの数量限定販売らしい。深緑のカラーが良いね。

ペールエールもあるようです。

 

コンビニなどのアプリは便利ですね!

下は私のスマホスクリーンショットです。

日頃の生活がばれてしまいますね!

家に一番近いコンビニが ファミリーマート なので、コンビニ3社の中では一番よく利用しています。次はローソンかな。

ファミリーマートのアプリでは、楽天ポイントTポイントdポイント のどれかひとつを選んでポイントを貯めることができます。

支払いは 楽天エディ にしているので、ポイントの二重取りです。

更に、楽天エディへのオートチャージの時にもポイントが付きます。

ポイントが貯まっていくと、なんか嬉しいんですね。

 

アプリはいろいろと入れていますが、スターバックス なんか注文が難しいので一人で行ったことがありません! アプリの持ち腐れ(笑)

ポンタポイント は、孫が好きなポンタグッズに交換します。

餃子の王将 も1人前だけですが餃子の無料券が届きますよ。

 

キャッシュレス&ポイント生活、便利で、もう抜け出せません。

R4春 アマチュア無線で初めて交信できた国や地域

3/2のアフリカン・イタリー以降で、今春、初めて交信できた国や地域は4つでした。

北マケドニア共和国 Z35T

3/13 21MHzFT8 His-8dB・My-20dB

北マケドニア共和国 は、旧ユーゴスラビア連邦の構成国のひとつ。

歴史的には、山がちのバルカン半島にあって肥沃な平野に恵まれたこの辺りは各国の領土的野心の対象になってきた地域らしい。

1991年に独立を果たした、四方を他国に囲まれた内陸国で、首都は スコピエ です。

この局の住む「 シュティプ 」は、北マケドニア共和国の東部にある街のようです。

ユーゴスラビア連邦の構成国のうち、まだ交信できていないのは、モンテネグロ コソボ の2カ国。セルビア も1局としか交信できていないです。

ボスニアヘルツェゴビナとの初交信の記事はこちら ↓ )

北アイルランド(地域) MI0NWA

4/3 18MHzFT8 His-7dB・My-16dB

北アイルランド は、「イギリス」を構成する4つの王国のひとつです。

他の3つは、イングランド ウェールズ スコットランド

「イギリス」をイギリスと呼んでいるのは日本だけのようです。

英語圏では「 United Kingdom 」か「 Great Britain 」でしょう。

ちなみに「イギリス」の正式名称は「 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 」です。

そして、北アイルランドがあるアイルランド島の南部には「アイルランド共和国」があるので、ややこしいですね。

氷山に衝突して沈没してしまった豪華客船 タイタニックレオナルド・ディカプリオさんとケイト・ウィンスレットさんの映画、観られた方も多いことと思います。

そのタイタニック号が造られたのは、この北アイルランドです。

勿論、アイリッシュウイスキー でも有名ですよね。

今、私はたまたま、ブッシュミルズ ブラックブッシュ を呑んでいます。

次は、ジェムソン スタウトエディション を呑んでみたい。

ブッシュミルズは北部海岸にある街だけど、この局の住む「 クレイガボン 」は中央部の街のようです。

エクアドル共和国 HC1MD/2

4/22 18MHzFT8 His-11dB・My-5dB

実は、エクアドル とは、ガラパゴス諸島 の移動運用局と交信できています。

ずいぶん前の2003年3月31日夕方、18MHzSSBでそれも59でつながっているのだけど、QSLカードが届きませんでした。

ガラパゴス諸島との交信の記事はこちら ↓ )

今回のこの局は、QSLマネージャー経由で紙カードも交換しているとのことなので、気長に楽しみに待とうと思います。

この局のQRZ.COMページを見てみると、住んでいる街「 サンタエレナ 」周辺の「 バルディビア文化 」について紹介されていました。

初めて知る歴史です。エクアドルの太平洋岸にあるバルディビア貝塚遺跡を中心とする文化で、アメリカ大陸で最古の土器文化(BC3000年頃)なんだそうです。

ベリーズ V31DL

5/7 18MHzFT8 His-5dB・My-12dB

ベリーズ(Belize)、失礼ながら、私はあまり馴染みのない国というか、ほとんど知らない国です。

中央アメリカ北東部、ユカタン半島 の付け根の部分に位置して、イギリス連邦に加盟する立憲君主制の国家だそうです。だから、現在のベリーズ国王はイギリス女王のエリザベス2世なんだとか。

隣国グアテマラとの国境紛争を経て、1981年に独立した比較的新しい国ですね。

下図がベリーズの国旗です。

これで、CQzone7 がwkdできました。

ただ、「QSL: LOTW, Clublog, QRZ.com, Direct」とのことなので、QSLカードをコンファームできるかどうかは微妙。

ベリーズの位置する ユカタン半島 マヤ文明 が栄えたエリアです。

東京ディズニーシーの「 インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮 」は、このマヤ文明の発掘現場がモチーフになっているとかいないとか。

TDS の公式アナウンスでは、ロストリバーデルタ は、「1930年代の中央アメリカのジャングルでは、古代文明の遺跡が発掘され、遺跡にひそむ神秘と脅威を明らかにしようと、考古学者や一攫千金を狙う者たちなどが多く集まるようになりました。」と紹介されていているだけなんですが。

TDSで一番好きなエリア、一番好きなアトラクションです!

スナックワゴン「エクスペディション・イート」の「 カタンソーセージドッグ 」も美味しいし! 話が逸れてしまいました(笑)

 

私のアマチュア無線の楽しみ方のひとつに、交信できたアマチュア無線局の住む街や国について調べてみることがあります。

今回も調べていて、アイリッシュウイスキーマヤ文明のことをもっと知りたくなったし。それに、なぜかマヤ文明から東京ディズニーシーのことが思い浮かんできて、久し振りに行ってみたいと思ったし(笑) 無線はおもしろい。

みどりの日、兵庫県宍粟市で遊ぶ

兵庫県宍粟市(しそうし)」をご存知ですか。

平成17年に 宍粟郡 波賀町 一宮町 山崎町 千種町 の4町が合併して「 宍粟市 」になりました。

宍粟郡の一番南部に位置する 安富町 姫路市との合併です。

自然豊かなところで、私の大好きなエリアなんです。

みどりの日 に、そんな宍粟市をぶらぶらしてきました。

No.⑥が、前回の記事で紹介した 黒井城 です。

今回のメインは、No.③の「 一宮温泉 まほろばの湯 」です。

まずは、山崎町の古民家カフェ(No.①)でお昼ごはん。

妻は気に入ったそうですが、私の想像していた「古民家」とはちょっと違いました。

かやぶき屋根で、広い土間があって、昔の道具なんかもさりげなく置いてあって。

そして、囲炉裏の側で山菜料理やアマゴを食べる・・・違ったなあ。

 

それでもお腹はふくれて北に向かっていると、子どもが小さい頃、「 福知渓谷(ふくちけいこく)No.②」には何度か遊びに来たなあという話になって、急に立ち寄ることにしました。

関西の風景100選 福知渓谷

ここは、春の新緑、夏の川遊び、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々の渓流美 を見せてくれる本当に素晴らしいところなんです。

バーベキューやデイキャンプもできるように整備されているのですが、コロナでまだ閉鎖されたままでした。
そのため、連休なのにほとんど人が来ていなくて静かな自然を満喫できましたね。

次は秋の紅葉を見に来ようと思います。

一宮温泉 まほろばの湯

地下1,300mから太古の海水をくみ上げていて、泉質は 食塩泉 です。

ここは、浴場が 畳敷き なんです。珍しいでしょう。2002年開業。

露天風呂は、上が「川の湯」で、下が「山ノ湯」。

この日は、「川の湯」が男湯でした。

山の景色は「川の湯」の方が良いみたいですね。

家原遺跡

この温泉は「 家原遺跡公園(えばら)」の中にあります。

この 家原遺跡 は、縄文時代から中世にかけての大規模な 住居跡複合遺跡 だそうで、実際に発掘された遺構をもとに各時代の建物が忠実に復元されています。

手前が弥生時代、奥が縄文時代の竪穴住居の復元です。

大きな違いは掘っ立て柱の数。縄文は2本、弥生は4~6本なんだとか。

下の写真は、中世鎌倉時代の住居の復元。

帰りは おみやげ を買って帰ろう

道の駅「 播磨いちのみや 」(No④)に寄りました。

妻は、良い野菜が安いと買い込んでいたなあ。ついでに「ぼたもち」も。

この道の駅の向かいは、播磨国の一宮「 伊和神社 」です。

私は、やっぱり酒蔵に寄らないとねえ。

山崎町の「 老松酒造 」(No.⑤)さんへ。

お目当ては、この「 三笑 」(さんしょう)

山崎町の酒蔵は当ブログでも紹介している「老松酒造」さんと「山陽盃酒造」さん。

最近、この2社が協力して、S52年に廃業した酒蔵「 本家門前屋 」さんの伝統ある幻の酒「 三笑 」を復活させたのです。

「老松酒造」さんが純米吟醸、「山陽盃酒造」さんが生酛純米で。

なんと、この「 三笑 」は、宍粟市内の限定販売!

地元まで来ないと、買えない・飲めないお酒なんですね。

( 老松酒造や三笑のことはこちら ↓ )

とにかく天気に恵まれ、人も少なく、の~んびりできた休日でした。

明智光秀が攻めた赤井直正の居城・黒井城

こどもの日に、丹波黒井城 跡(丹波市春日町)に登ってきました。

明智光秀 丹波攻め で激戦地となった山城です。

山としては 猪ノ口山 といい、標高356mで三等三角点があります。

城主は 赤井直正 (あかい なおまさ)。

この武将に関しては、ほんとに詳しく調べておられる方々のHPがたくさんありますので、私はゲーム「 信長の野望・大志 with PK 」を使って紹介します。

シナリオ「信長包囲網(1570年)」での丹波の領主は 波多野秀治 です。

八上城 を本城として、黒井城と植生城の3城に8人の武将を配し、国力27位。

その 黒井城 赤井直正 がいるのですが、ゲームでは波多野氏の家臣のように扱われてしまっています。

統率・武勇・知略に高い数値を持ち、戦法は奮闘で、なかなかに強い武将に描かれています。私の好きな武将の一人です。

丹波の赤鬼 」と恐れられた 赤井直正 の居城がこの 黒井城 なんですね。

話がそれますが、「 丹波の青鬼 」と呼ばれた武将もいます。籾井教業(もみい のりなり)です。ゲームでは植生城に配されていますが、籾井城主として知られています。

 

では、さっそく登ってみましょう!

駐車場は、ふもとの 興禅寺 の駐車場がお勧め。

下の写真の「 春日局」という休憩所と綺麗なトイレがあって便利です。

なぜ「春日局庵」なのかは後ほど説明します。

トイレ入口の壁に描かれたイラスト。ゲームの赤井直正とは雰囲気が違いますね。

これが 興禅寺

七間堀 」と呼ばれる水堀と 高石垣 に囲まれたこのお寺は、当時の 黒井城下館 だそうです。

この日は24~5℃ぐらいあったけど、からっとしていて気持ちのよい汗でしたね。

ほんとうに綺麗な新緑です。

東曲輪跡 と看板が立つ石垣の前に出ました。いよいよ頂上です。

本丸虎口の張り出しの石垣かな?

で、ここが 本丸 です。

一番奥に、黒井城の別名「 保月城趾 」の 石碑 がありました。

頂上からは360度の好展望です。

ひとしきり写真を撮って、お弁当タイムに。

おやつのみたらし団子も美味しかったなあ。

妻とは久し振りの山登りです。

小一時間ほどの登りでしたが、コロナで弱った足腰にはちょうどええぐらいやなあなんて話しながら、さわやかな風に吹かれて気持ちの良い時間を過ごしました。

ここで、駐車場の休憩所がなぜ「 春日局」なのかという話に戻ります。

徳川三代将軍 徳川家光 の乳母「 春日局 」が、この興禅寺で生まれているからです。

明智光秀 は、丹波攻略後、戦後処理に重臣斎藤利三 を当たらせました。

斎藤利三 は、3年ほどこの黒井城下館(興禅寺)に住んでいて、その間に「(後の春日局)」が生まれたんだそうです。

また、本能寺の変そして山崎の戦いは、「福」4才の時とのこと。

また、斎藤利三の妹が、長曾我部元親 に嫁いでいるという話もあります。

おまけの話し

2020~21年ごろ、JR福知山線で「明智光秀ゆかりの地を辿るラッピング列車」という特急が運行されていました。

年末に金沢に行った時に、ぐうぜん大阪駅で撮影できたのが下の写真。

山登りの汗を流しに温泉へ

近くに 国領温泉 というところがあって、一軒宿「 助七 」さんでは、日帰り入浴もできます。

泉質は、ラドンと鉄分を多量に含んだ炭酸泉なので、赤く濁っていました

男湯は「赤鬼の湯」、女湯は「お福の湯」。いい湯でしたね!

春は山菜、夏は鯉、秋は丹波松茸、冬はぼたん鍋や但馬牛のすき焼き。

次は一泊して料理を楽しみたいねと妻と話しながら帰ってきました。